和風インテリア雑貨通販 - くるまや工房ホーム

くるまや工房 メインメニュー

柿泥諸紙布のれん

柿泥諸紙布のれん

【柿渋染めのれん】
当工房での柿渋染めは、今から約30年程前にタテ糸、ヨコ糸とも撚った和紙糸だけで織り上げる諸紙布(もろしふ)でしっかりとした着物生地や帯生地を作りたいと考えたところ、水に濡れても大丈夫な和紙糸の強さが必要不可欠であることから当地でも昔から日々様々な所で活用されてきた天然素材の柿渋に辿り着きました。
それ以来、幾度も柿渋糸染めによる和紙糸作りの試験を重ねたことで水洗いも出来、多少のことでは糸切れしない丈夫な諸紙布を作り上げる事が出来ました。
柿渋染めの和紙糸だけで織り上げた諸紙布(もろしふ)は開発以来、長きに渡り着物生地や帯生地として沢山のお客様からご愛用戴いております。
この実績を生かし、着物に携わるお客様だけでなくより多くの皆様からもっと手軽に何気ない暮らしの中に自然素材で作り上げた天然の『和』を感じて頂き、ほんの少しでも心の和む ほっとする ひと時のお手伝いが出来ればと思い、のれんを製作致しました。
本のれんで使用している和紙糸も着物生地、帯生地と同じものを使用しております。和紙糸作りの詳細はこちらをご覧下さい。 《こだわりの柿渋染め》

【製品詳細説明】
本のれんのタテ糸は和紙の質感がより感じやすくなるように筬へ(オサ:織行程でタテ糸を整列させる道具)変則的な通し方をすることにより適度な透け感と非常に軽い柔らかな質感を持たせました。
自然にお部屋の一部にとけ込み、やさしい『和』を感じて頂けます。

タテ糸に中濃度の柿渋染め糸を使用し、ヨコ糸には同じ中濃度柿渋染め糸とその中濃度柿渋染め糸を当工房の地下より汲み上げた鉄分を非常に多く含む地下水によって媒染した柿渋染め地下水鉄媒染(当工房の登録商標:柿泥)の鉄茶色の2配色を使用し、上品な横段柄に織り上げました。糸ごしらえから織り上げまで地元で作り上げました。

【お手入れについて】
お手入れに関しましては、特殊な素材でございますのでより長くご愛用戴くためにドライクリーニングを行って下さい。水に濡れてしまった場合は、当て布をして『しわ』が残らないようにアイロン掛けを行って下さい。水に濡れてもしっかりと柿渋染めを行っておりますので簡単に糸切れ等がおこる心配はございません。

本製品は『みつまた』や『楮』を原料とした手漉き和紙を使用した特殊な織物生地ですが、植物繊維である『麻』などと同様ですので強く握ったり、折り畳んだりしますと『しわ』『折れじわ』が発生します。この場合は《当て布》をしてスチームアイロンをかけてしわを伸ばして下さい。
当工房の柿渋染めに関しましては糸染めにてしっかりと染め上げておりますので、色落ちの心配はございませんが、柿渋の性質上、赤外線で発色し紫外線で硬く(強く)なりますので、長期に渡りご使用いただく中で若干の色の変化等が生じることがございますので、ご了承願います。

【サイズ】
幅88cm×丈120cm 素材:紙糸100% 柄:無地横段 

※画像とは多少色合いが異なります。
※暖簾棒は付属しておりません。            

商品コード
MN-002-120

宅急便 100

販売価格
¥35,000(税込)