特設ページ|和風インテリア雑貨通販 - くるまや工房

和風インテリア雑貨通販 - くるまや工房ホーム

くるまや工房 メインメニュー

トピックパス

くるまや工房 ホーム> infomation

【伝統の技】          小千谷紬ができるまで!

当工房で手掛ける『伝統的工芸品 小千谷紬』は小千谷産地独特の伝統手法で、右記の工程を経て作り上げられます。 

 


1 図案作成


 

 図案は最初に行う工程で、絣で作り出す実際の絵柄の配色、色彩、大きさ等を詳細デザインとして方眼紙に描き出します。
描き上げたデザイン絵柄でも、仕立てイメージがあまり良くないと判断したものは没品となってしまうことも珍しくありません。
幾つもの図案の中から厳選されたものだけを実際につくり上げます。

 

 


2  型紙作成(木羽定規 こばじょうぎ)





図案で描いた絵柄を絣付け用の型紙に丁寧に写し取り、型紙を一枚の厚さにしても柄色が判別し易いはっきりとした色目に置き換えます。
型紙は織り込む糸の本数と同じ割合になるように調整したものを使用し、絵柄の寸法に全体の厚さを合わせます。
又、型紙は元来、薄い木の板を組合わせて使っていたため、木羽定規(こばじょうぎ)と呼び、小千谷地域特有の道具となりました。
※薄い木の板を小千谷地域では『木羽(こば)』と呼び、昔は屋根屋を木羽屋と呼びました。

 

 


3 絣付き(手摺り込み絣)


 
全国的にも有名な文化財小千谷縮の場合は『くびり』と呼ばれる伝統技法で絣付けを行いますが、小千谷紬の場合は『手摺り込み』の技法で絣付けを行います。
 


 
 
 
 始めに緯糸の一玉分に型紙を使って絵柄の目印を付けて行く作業を行います。
これを『墨付け』と呼びます。
墨付けをした糸と一緒に必要分の糸を張り、墨付け目印に従って各色を摺り込み、絣付けを行います。
絵柄が細かくなればなるほど非常に繊細で地道な作業の繰り返しとなります。
この摺り込み技法では、糸の種類等によっても異なりますが、一般的に4寸絵柄で一度に4反分しか絣付きを行うことが出来ません。
 


 

 絣付けが終わった緯糸は、各柄色の太細線となって見えます。
この糸を順番に絵柄の位置を合わせながら両耳の印をしっかりと折り返して織り上げて次第に絵柄となって現れてきます。

 

 


 4 織り上げ


 

 小千谷紬は半自動の絣織機で熟練の織子が丁寧に織り上げます。
絣の緯糸は一反に約3万〜3万2千本織り込まれます。その緯糸を一本一本 絵柄を合わせながら織り上げる地道で細かな作業は熟練の織子だからこそ出来る職人技です。
職人達の心のこもった温もりあふれる逸品として皆様にご愛用頂いております。